初等科 専修課程

  1. 仏教学院 宗学堂
  2. 各科概要
  3. 初等科 専修課程

概要

初等科専修課程は、浄土真宗の御教えや仏教の基礎知識を体系・専門的に学ぶ課程です。合格修了された方は、本山東本願寺(※)にて得度できる受式資格が与えられます。
【履修期間は1年間】
※本山東本願寺の詳細はこちらをご覧ください。

学院での講義(必修)

講義科目は2科目3教科の講義があり、以下の全教科を受講します。

●儀式科目:「初級声明」の1教科
●教学科目:「仏教入門」「真宗入門」の2教科  の合計3教科を受講

各教科、毎月1回 年間計10回の講義を行います。
(各教科、年間講義数の3分の2以上の受講が必須です。)

講義では、東本願寺が任命した講師が規定の教科書やオリジナルテキストを用いて、
仏教用語や意味を丁寧に解説し、初めての方にも分かるように指導します。
(※講義日程については、行事・講師の都合により、止むを得ず変更する場合がございます。)

レポート学習(必須)

教学科目「仏教入門」「真宗入門」の各教科から、レポート課題が出題されます。

課題に関する仏教書を読み、『調べ、考え、まとめる』ことを通して、
学院の講義以外でも、主体的に仏教を学ぶ意識(自学自習力)を身につけることを目的とします。
(7月の講義時に各教科講師から出題⇒9月の講義の際に提出)

本山年中行事参詣・法輪サポーター活動参加(必修)

履修期間中、本山で厳修される年中行事の参詣と、法輪サポーター活動の参加を行ないます。
(京都学院生は5回以上。東京・福岡学院生は3回以上の参詣・参加が必須です。)

本山御堂(京都市山科区)で勤まる年中行事法要を参詣することで、法要の流れ・参詣者としての作法・仏事の意味を学びます。
また、年中行事で行う仏事に、法輪サポーター活動として参加することにより、仏さまへの仏恩報謝の心を養います。
年中行事の参詣・参加日程は以下の通りです。
この期間で学院ごとに決められた回数、参詣・参加いたします。
・春季彼岸会(3月「春分の日」と「春季彼岸会期間の日曜日」)
・盂蘭盆会 (8月13日と15日)
・秋季彼岸会(9月「秋分の日」と「秋季彼岸会期間の日曜日」)
・報恩講  (11月27日・28日の両日)
・修正会  (1月1日~3日)

下座行研修(必須)

御堂の清掃や仏具のお磨きを体験学習します。

この研修では、本山の御堂清掃、本堂やお内仏(お仏壇)にお飾する仏具のお磨きなど、実際に下坐行(※)を体験することにより、仏さまへの奉仕意識と、感恩感謝の気持ちを培います。
研修日は10月または11月に1日間行います。
下座行研修場所は以下の通りです。
・京都学院…本山御堂(京都市山科区)
・東京学院…東京学院教場
・福岡学院…福岡学院教場

※下坐行とは・・・自身を身の低い位置に置き、与えられた行に打ち込むことによって、高慢な考え方を見つめなおす等、自身の修養に励むこと。

修了試験(必須)

一年間の学びの成果を以下の試験で確認します。
・儀式科目「初級声明」:実技および筆記試験
・教学科目「仏教入門・真宗入門」:筆記試験
・修了面接試験

2月下旬~3月上旬頃に行います。
上記の試験以外に、レポート学習結果、及び各教科の出席単位、本山年中行事参詣・参加単位、下座行参加単位等を総合的に評価の上、合否を判定します。

修了時には

講義を一年間受講された方全員に、初等科専修課程の学びを証する『修了証』を授与します。
また、修了試験に合格された方には、本山の得度考査が免除される、初等科専修課程の【合格証】を授与します。

なお、不合格の場合でも、合格した試験結果・取得した各単位は、次年度に持ち越すことができます。
次年度、初等科専修課程を再受講すれば、不合格であった教科のみ受験して合格し、不足であった各単位のみ取得すれば、合格証を授与します。
(※再受講には学費が別途必要になります)

得度を受式して僧侶になるということは

僧侶とは、出家し仏門に入るということです。
初等科専修課程を合格修了した方が得度を受式し、僧侶になるということは、浄土真宗大谷本願寺派の仏門に入り、生涯僧侶としての本分と義務を果たす人生を歩んで行くということです。

得度式後は、晴れて浄土真宗大谷本願寺派僧侶として、また本願寺眞無量院所属僧徒としての仏道を歩む⽣活が始まります。なお得度後は、自信教人信の誠を尽す僧侶となるべく、更なる仏教の学びや、本山・別院の護持、本派興隆発展のための努め等、僧侶としての責務が発生します。

得度を希望する場合

浄土真宗大谷本願寺派にて得度を希望する場合、所属する寺院を定め、所属する寺院住職の同意を得た上で、本山が行う得度考査に合格することが必要です。
しかし、当学院の初等科専修課程合格修了された方は、この得度考査が免除され、更に当学院を運営している本願寺眞無量院(※2)を所属寺院として、本山で得度できる受式資格を与られます。

※本願寺眞無量院の詳細はこちらをご覧ください。

得度式について

浄土真宗大谷本願寺派の得度式は、東本願寺御法主台下が本山御堂(京都市山科区)に於いて執行されます。
得度受式後、本山より度牒・法名(仏弟子としての名前)・衣体の許状・僧位が親授されます。

【得度式日程:基本毎年6月中に執行されます。*日程は変更される場合があります。】
得度を受式するに当たり、別途開催する得度受式説明会の受講、本⼭・別院に願出等諸書類の提出、また得度受式にかかる冥加⾦や、ご自身の装束購⼊の費用が必要となります。(以下参照)

■ 本⼭得度受式冥加⾦

得度式御礼⾦ 100,000円
法名御礼⾦ 100,000円
装束借⽤御礼⾦ 3,000円
相続講費(本年度分) 3,000円
報恩謝徳志(本年度分) 5,000円
安心講会費(本年度分)又は(終身分) 8,000円 又は 160,000円※安心講終身会費又は、得度年度に、授業料と併せて安心講年会費をご納入頂いている場合は、不要です。

■ ご自身の装束購入の費用

装束購⼊費 200,000円〜250,000円位

講義内容

儀式科目 教科(初級しょうみょう

声明とは、御釈迦様(釈尊)がお説き下さった御経(浄⼟三部経)や浄土真宗御開⼭親鸞聖⼈がお書きになられたもん(正信偈等)、念仏(南無阿弥陀佛)にせっ(節)をつけ、声に出し勤めることです。それは仏教儀式の歌唱による⾳楽、いわゆる仏教⾳楽とされるものでもあり、ぶつとくさんだんするうえで⼤変重要な意味があります。

初級声明の講義では、御経本に記される様々な記号や節譜を分かり易く解説しながら、墓前読経(勧衆偈)、⽇常勤⾏(正信偈)、一般法要(仏説阿弥陀経)の勤め⽅や儀式作法を学びます。また、学習資料を通じ、読経の意味、年中⾏事の由来、お内仏(お仏壇)の荘厳の仕⽅、仏具の名称等を説明し学びます。

【受講数:年間10回 講義時間:1時間30分】

教学科目 教科(仏教入門)

御釈迦様は、その御⽣涯の中で真理を悟られました。

仏教⼊⾨の講義では、真理の御⾔葉のひとつひとつを解釈していくことを通じて、釈尊の御教えに触れ、仏教の神髄を、またその後に、その御教えが世界各国、そして⽇本に、どのように伝わっていったかを学びます。

【受講数:年間10回 講義時間:1時間30分】

教学科目 教科(真宗入門)

親鸞聖⼈は、ご著書『きょうぎょうしんしょう』の中にある「しょうしんねんぶつしょうしん)」にて、阿弥陀如来の本願⼒をたたえるとともに、七⾼僧(聖⼈が選んだインド・中国・⽇本の仏の教えを説き伝えた7⼈の⾼僧)の論釈から浄⼟真宗のみ教えを説いておられます。
この「正信偈」は、浄土真宗の朝夕のお勤めに用いられ、最も親しまれている御聖教の一つです。
また、第8世 れんにょ上⼈は、「正信偈」の意味を分かり易く解説された書物「しょうしんたい」を作られ、広く浄土真宗が弘められました。
真宗⼊⾨の講義では、「正信偈⼤意」を読み解き、浄⼟真宗の教義について学びます。

【受講数:年間10回 講義時間:1時間30分】

駅近アクセス抜群!京都・東京・福岡で開講中!駅近アクセス抜群!京都・東京・福岡で開講中!

無料見学

  • 仏教を学びたいけれど、どんな勉強をするんだろう?
  • 宗学堂ってどんな雰囲気なんだろう?
  • 僧侶として人生を歩んでみたい。
  • 今⼀度、人生を見つめなおしたい。

こんな疑問や思いを解消できる、
無料見学してみませんか?

無料体験講座 駅近アクセス抜群!京都・東京・福岡で開講中!

お気軽にご参加ください!
雰囲気も体験できる「駅前仏教講座」です。

無料見学を詳しく見る